インフルエンザのワクチン接種後の運動や入浴は?

Bathing 入浴

10月に入り、インフルエンザに対するワクチンの接種が始まりましたが、当院でも65歳以上の方や15歳以下のお子さんが多く受けに来られます。

前回のおさらい

前回の投稿で述べたように、インフルエンザワクチン接種の意義は、インフルエンザにかからないためというよりは、インフルエンザにかかってしまっても、その後の重症化を防ぐためです。インフルエンザの重症化としては、ご高齢の方であれば、肺炎(場合によっては致死的に)というリスクがありますし、お子さんであれば、中耳炎や喘息の合併、また(小児に限りませんが)インフルエンザ脳症というぜひとも避けたい合併症があります。

で、この予防接種ですが、前回は、接種部位は揉む必要はないですよ、ということを述べました。このことを接種後にお伝えすると、「えっ、もまなくてもいいんですか?」と驚かれる方もいらっしゃいますが、以前は揉むのが当たり前でしたから、まぁ当然の反応かと思います。

接種後によく訊かれることは?

接種後によく訊かれることとして、「(今夜の)お風呂は?」「このあと、運動してもいいですか?」というのがあります。最近は、急に寒くなったので、受診で冷えた体を温めたいと、特にそう思ってしまうというのもあるでしょう。

結論から言えば、まず入浴に関しては、接種した当日にお風呂に入っていただいて全く問題ありません。インフルエンザのワクチンに限らず、予防接種全般について言えることですが、手元にある「予防接種に関するQ&A集 2020」には、次のような記載があります。

Q10. 予防接種後の激しい運動、例えば水泳、マラソン等に対しては、どのように考えればよいでしょうか。

A. […] ③ 入浴は差し支えありません。これは生活環境の整備によって、入浴時に注射部位又は全身性の感染を受ける可能性は極めて低くなっており、即時型アレルギーが予想される接種後1時間を経過すれば、入浴は差し支えないと考えられるためです。

岡部 信彦ら. 日本ワクチン産業協会. 「予防接種に関するQ&A集」. 2020. p17.

では、水泳やジョギングなどの運動についてはどうでしょうか。こちらも上述したQ10.で言及されています(というかこちらが主体の質問)。

A. […] ④ 接種当日はいつもどおりの生活でかまいませんが、水泳、マラソン等の激しい運動は避けましょう。

岡部 信彦ら. 日本ワクチン産業協会. 「予防接種に関するQ&A集」. 2020. p17.

というわけで、心拍数がそれなりに上がる運動は控えるのが良いでしょうね。と、ここで終わっても良いのですが、激しい運動を控えるべき根拠が気にはなります。一応、当該Q&Aの項の冒頭には、アナフィラキシー等の重篤な副反応、血管迷走神経反射による失神等の大半は、接種後30分間に起きる旨が記載されています。が、だからといって、激しい運動は避けるべきということに対する直接的な根拠としては弱いですね。ちょっと調べてみると、そのものずばりではなく、寧ろずれていますが、なかなか興味深い報告がありました。ご興味がある方は以下読み進めて下さい。

文献的な考察

シドニー大学のLeeらは、ワクチン接種後の局所的及び全身的な副反応に対する運動の影響を調べて、2018年に報告しました。1)

彼らは、2つの無作為化試験を実施しました。1つ目の試験は、HPVワクチン(子宮頚癌ワクチン)接種対象者である116人(10代若者)を、ワクチン接種前に運動するグループとしないグループに分けて、自己申告による副反応を検討しました。運動は、15分間の上半身の運動としました。結果、接種した部位の圧痛の持続日数は、運動したグループの女性被験者で有意に短く、痛みに関しても同様な傾向がみられました。また、体調不良や食欲不振に関しても、その持続期間は、運動したグループで短い傾向にあったのです。

2つ目の試験では、インフルエンザワクチンの接種対象者78人(青年)を、運動しないグループ(コントロール群)と、運動するグループ(運動は、ワクチン接種前に腕又は脚の運動をする群、もしくはワクチン接種後に腕の運動をする群)に分けて、副反応の出方を調べました。結果、接種部位の腫脹や発熱、食欲不振の持続期間は、やはり運動したグループで有意に短かったのです。

サンプルサイズが小さいので、これだけで結論付けるわけにはいきませんが、どうやら「短時間の軽めの運動」は、局所や全身的な副反応(疼痛や腫脹、発熱)を和らげてくれるかもしれません。これら2つの臨床試験は、どちらかというと「ワクチン接種前の軽めの運動」に重きが置かれていますが、「ワクチン接種後の腕の運動」にも20人は参加しており、単純に運動のありなしということであれば、(ワクチン接種の前にせよ後にせよ)軽めの運動ならやってみても良いかもと思わせる結果ですね。

で、肝心の「激しい運動」については、その手の報告を探しきれていませんが(真面目に探していない…)、まぁ打った当日ぐらいは、激しい運動は控えるということで良いのかなとは思います。

文献

  1. V Y Lee. et al. The effect of exercise on local and systemic adverse reactions after vaccinations – Outcomes of two randomized controlled trials. Vaccine. 2018 Nov 12;36(46):6995-7002.

■ 了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

|