Yet another Takeshita Naika Clinic Site

ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンの違いは?

white and black labeled bottle

新型コロナに対するファイザー/BioNTech社のワクチン接種は、医療従事者から始まり、当院でも高齢者の方々の接種が進んでいる状況です。また、企業や大学等におけるワクチン接種、いわゆる職域接種も始まりましたが、こちらはファイザーのではなくモデルナ社のワクチンになります。

医療従事者および高齢者を対象としたワクチンと、職域接種でのワクチンはどちらもmRNAワクチンですが、有効性や安全性などに違いはあるのでしょうか。まずは、それぞれの添付文書を元に、用法や用量などを表にまとめましたが結構違いますね。

ファイザー/BioNTechのワクチン モデルナ/武田ワクチン
用法および用量 1回0.3mLを3週間の間隔で筋肉内に接種 1回0.5mL4週間の間隔で筋肉内に接種
対象年齢 12歳以上 18歳以上
接種数/バイアル 6回分 10回分
冷蔵保存の期間 2~8℃で1ヵ月間 2~8℃で最長30日間
診療所レベルだと、ファイザーのコミナティの方が使い勝手が良いですかねぇ。

ワクチンの有効性に関しては、ファイザーのワクチンが約95%、モデルナが94%とほぼ同等です。では、安全性に関しては、どうでしょうか。ワクチン接種が先行する米国では、米国疾病予防管理センター(CDC)が立ち上げたV-safeという安全監視システムがあり、利用者はスマートホンで症状や見られた副反応などを入力することで(自己申告)、かなりのサンプルサイズのデータベースが構築されます。そのデータを解析した論文が、Johanna Chapin-Bardales氏らによって、米国医学会誌のJAMAに報告されています。その論文には、両社のワクチンに関する安全性プロファイルの比較表があるのですが、数字のみでしたので、見やすいようにグラフ化したのが以下になります。

ワクチン接種後0~7日間でみられた注射部位にみられた主な副反応

ワクチン接種後0~7日間でみられた主な全身性の副反応

こうしてみると、意外とモデルナ社のワクチンの方が副反応が多めに出ているようです。1回目よりも2回目の方が副反応が出やすいのは両者とも同じです。どちらのワクチンも、高齢者よりは若年者で上図のような副反応がみられやすいということが知られていますが、日本ではモデルナ社のワクチンは職域接種で活用されるワクチンになるので、そういう意味では、発熱や頭痛・倦怠感などの副反応はそれ相応の方々に見られるだろうなと思います。

発熱や頭痛などに対しては、解熱鎮痛剤の使用が一番です。カロナールのようなアセトアミノフェンが無難だとは思いますが、厚労省のサイトにも記載があるように、ロキソプロフェン(ロキソニン)やイブプロフェンなど手持ちの市販の解熱鎮痛剤でも良いです。少しでも不安があるようでしたら、かかりつけ医や薬剤師に相談するのが良いでしょう。

なお、重度のアレルギー反応であるアナフィラキシーですが、先日6月23日に厚生労働省が専門部会で報告したところによると、ファイザー製のワクチンによるアナフィラキシー(国際基準)の報告件数は、6月13日時点で100万回あたり10件でした(~10万人に1人)。一方、モデルナ製のワクチンは、まだ国内での接種数が限定的ですが、アナフィラキシーの報告例はありません。これは、単純に接種回数がまだ報告時点で44万回ということで例数が少ないだけで、今後、何件かは報告されてくるかもしれません。

この国内でのアナフィラキシー件数は、当初は日本で多いかなとも思われましたが、今年2月にJAMAに投稿された論文によると、米国では100万件あたりのアナフィラキシー発生率は、ファイザー製だと4.7件、モデルナ製だと2.5件でしたので(各々994万3,247回接種、758万1,429回接種での集計)、国際基準に該当するものだと日本でやや多いかもしれないという感じです。ともあれ、アナフィラキシーは、適切に対処すれば致命的ということはなく、過度に恐れることはないと考えます。

■ 了

|

コメントはこちらから